人生のサポートまでしてくれる信頼できる税理士

サービス内容

lawyer career

一般的になサービスとは

税理士は、個人または企業の税に関する相談やアドバイスをする国家資格を持った人ですが、一般的には企業の財務関係のコンサルティングをしています。 零細企業では、記帳など細かな作業を代行することもあり、中小企業では記帳に加え経営相談などにも乗っています。 大企業では社内で処理することが出来る人がいて、最終的な監査だけを公認会計士が行っています。 最近では記帳などの日常的な作業はパソコンやオンラインサービスが充実してきたので、税理士が自ら記帳をするよりもそのデータを預って経営指導に使うことが多くなってきました。 企業も税理士も、細かな作業に費やす時間が省かれることで時間とお金(顧問料)が有効に使えるようになりつつあります。

パソコンなどで記帳を運用するには

実際にパソコンソフトや、オンラインサービスで企業のお金の入出金を管理するにしても、最低限の簿記の知識は必要になります。 どのお金が、どのような費目になるか(仕訳といいます)が判断できることが必要だからです。あらかじめよく使われれる費目はソフト内でも準備されていますが、分類する知識は必要です。 また、社内のお金の入手金は手入力ですることが必要ですが、銀行のお金についてはそのソフトやオンラインサービスと銀行のサービスを接続することでデータを取り込むことが出来るようになり、パソコン上で銀行のデータの確認が出来ます。 これらの日常のデータを税理士に送信することで今までの記帳業務の負担が軽減されることとなり、経営者はより正確な経営判断を、税理士はより細かなアドバイスが出来るようになります。