人生のサポートまでしてくれる信頼できる税理士

信頼できるパートナー

lawyer career

セミナー参加等で身近な存在に

相続税法改正等生活に拘わる法制度の改正により、税理士の出番が多くなってきている。銀行や証券会社等の金融機関が顧客サービスとして専門家を招きセミナーを開催する事が多くなってきている。その場に税理士が招かれる機会も多くなってきている。 預金や、株式等投資を行っている人、遺言対策等で信託銀行を利用している方々には、直接案内があるから、税理理を紹介してもらえる機会は自ずと増える。 取引の無い人達は、自ら税理士を探すことになるが、直接事務所を訪ねるよりも、誰かの紹介によって接する方が得策である。税理士にも得意としている分野があり、相続対策なのか資産管理なのか内容によって対応力が異なってくるので、無料セミナー等に参加して、そこからの伝で接触する方が賢明であろう。

資産運営に欠かせない存在

日本の税制は複雑であり、特典を受ける為には色々な条件があり、又、減税等の特典を受けられる可能性があっても当人がそのことを知って申告をしなければ、受けられない仕組みになっている。 事業や商売をしている方々は、消費税の取り扱い方で、収益に大きな影響を及ぼすので、相談出来る税理士を確保している場合いが多いが、一般人には、今までは馴染みが少なかった。相続税を支払う必要のある人達が利用していることが多かった。 ところが此の度、相続税法の改正により。相続税の対象者が増加することとなり、都会等の土地評価の高い人達にとって、人事ではなくなってきた。その上、多くの資産を所有していると言われる高齢者が、資産運用を始める人達が増え、その節税相談相手としての税理士の人気が上昇中である。